外貨FXには利子がつく

外貨FXには利子がつくのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

外貨FXには利子がつく

利子の話です。外貨FXは持っている間、利子がつきます。

利子は毎日、毎日ついてきます。
持っている間中、毎日ついてきます。日本円の金利はかぎりなくゼロ(0.1%)に近いのはご存知の通りです。

これが逆にプラスに転じるのです。

海外の通貨は金利が高いのです。4%−6%ほどの通貨があります。これを利用する手を考えるのです。

外貨FXでは、この金利のことをスワップポイントといいます。
スワップとは2つの通貨の金利差をいいます。

例えば、10万円を証拠金で、10倍のレバレッジにて、仮に1ドル=100円の時に1万ドルで取引を始めます。
円を売ってドルを買います。ドルの金利が年5%、日本円の金利が年0.1%ぐらいでしょうか。


スワップは、この2つの通貨の差ですので、5%-0.1%ですから、ほとんど5%です。1年間保有した後に、すべて売却したとします。購入したときと同じ1ドル=100円であった場合、5万円が手元に利子として入ってきます。

10万円の投資にたいして半分の5万円が入ります。50%です。1年間で5%の円高(95円)になってもイーブンです。



このように、現在、日本は超低金利(但し、ゼロ金利解除しましたので、今後、しだいに上がっていくでしょうが)なため、高金利の通貨とスワップすることで、利子で儲けられることができます。では、次に「てこ」の話です。


レバレッジとは?これを理解しなければなりません。

スポンサードリンク

Category 外貨

投資で失敗しないために 用語ブログの外貨FXには利子がつくのリンクについて

投資で失敗しないために 用語ブログの外貨FXには利子がつくのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。