外貨預金とは

外貨預金とはのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

外貨預金とは

ちょっと古いデータになってしまいますが、主要国の政策金利を比べてみましょう。

米ドル:5.25%
日本円:0.40%
ユーロ:2.75%
オーストラリア:5.75%
ニュージーランド:7.25%
イギリス:4.50%


このように高金利の外貨で預金すれば、日本円で預金するより多くの利息が受け取れます。(注実際にはもっと金利は低いですが。)これを逃す手はありませんよ。海外の通貨で銀行に預金することを外貨預金といいます。わかりますね?

これ以外のもいい事があります。金融資産を外貨で持つことで、リスクヘッジになります。将来、日本円の価値が下がり、円安になった場合、外貨で持っていれば、自分の金融資産の価値を維持できます。ひとつの通貨で資産をもつことはリスクがあります。

外貨預金には以下の種類があります。

●普通預金
日本の銀行に預金をしているのと同じです。
好きなときに預金をして、好きなときに引き出すことができます。
しかしながら、金利は低めに設定されています。

●定期預金
日本の定期預金と同じです。期間と金額をあらかじめきめてあり、満期(償還期間)まで預けます。途中で解約すると普通預金の金利になります。但し、手数料が高いために外貨の商品の中では、ネックです。

スポンサードリンク

Category FX用語

投資で失敗しないために 用語ブログの外貨預金とはのリンクについて

投資で失敗しないために 用語ブログの外貨預金とはのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。